メイン画像

我々が避けられない

我々が避けられない、冠婚葬祭の費用ですが、葬儀にも多くの出費が必要です。葬式では、手伝いする友人などへお礼や、会場費が要ります。各々に、何円ずつ支払うのか、規模や希望により違いがあります。悲哀に満ちた時に、葬儀会社に丸投げでは、後から派手すぎたとトラブルの元にもなります。きちんと必要か不必要か見極める、力も準備しておきましょう。

冠婚葬祭の場においては、服にも靴にも決まりがあります。特別通夜の時の履物は、間違えれば雰囲気を悪くします。葬祭の靴は色は黒を選び、きらきらしたものは控えるべきでしょう。また、金具があるのは控えて、ヒールのある物を選びます。サボは失礼であり、まずは避けなければならないでしょう。また、印象の悪いファーも、避けなければだめなのです。TPOに合わせて、靴を適宜対応しましょう。

わが国では冠婚葬祭の際、固有の挨拶があります。葬式では、故人の親族の人たちに向けて、お悔やみの言葉をかけます。葬儀においては、お香典を渡す時このたびはご愁傷様ですや、お悔やみ申し上げますといったような定型文があります。ご遺族はかなり疲れていて、声もかけられないような様子ですが、仲良しの友達の言葉で、少しでも救われると言うのです。故人と親族を思い、気持ちを一生懸命伝えるといいでしょう。